Tokyo Chapel

2018年9月18日

第261日

神は素敵であなたのことが好きです

「これは、私の人生に革命を与えた、一見非現実的な事実です。」とアドリアン・プラスは書きました。彼は「アドリアン・プラス37と3/4歳の神聖な日記」の著者です。彼は続けてこう記します。「私は16歳の時にクリスチャンのなりました。しかし37歳になるまで、私は基礎的な真理を知らないままで過ごしました。神は素敵で、私のことが好きだということを。」

悲しいことに、多くの人々が、心の中では、神は素敵なお方ではなく、私たちのことがあまり好きではなく、多くの時間を私たちと一緒に十字架に留まっていると考えています。しかし、それは真実とは程遠いものです。

今日の箇所で、私たちは神が単に「素敵」であるどころか、神が良いお方で、どれほど驚くべき愛と誠実さを持っておられるかを知ります。また私たちは神が単にあなたのことを「好き」というよりも「愛しておられる」かを知ります。あなたは神にとって「高価で尊い」子どもなのです(43:4)。


創造された宇宙より高く

詩篇108:1-5

今日の科学者は、宇宙の広大さ、すなわち天がどれほど高いのかを見せてくれます。

しかし、神のあなたへの愛はもっと偉大です。それは天よりも高いのです。神の「恵みは大きく、天の上にまで」及ぶのです(4)。「あなたの愛は何より深く。何よりも高い(4,MSG訳)」

ダビデは朝早く、歌と音楽で神を礼拝しました。「十弦の琴よ、立琴よ。目をさませ。 私は暁を呼びさましたい。(2)」今日、あなたの礼拝を神の愛と誠実さに焦点を合わせましょう。

祈り:主よ。あなたの私への愛が天よりも高いことを感謝します。あなたの恵みが天にまで及ぶことを感謝します。「神よ。あなたが天であがめられ、 あなたの栄光が全世界であがめられますように。(5)」


どんな人間の愛よりも大きい

ガラテヤ3:26-4:20

人間が為し得る世界最大の愛を想像してください。ある人にとっては、子に対する親の愛であるかもしれません。しかし、神のあなたへの愛はそれよりも大きいのです。

あなたがイエスに信仰を置くなら、あなたはまた神の子どもとされるのです。「あなたがたはみな、キリスト・イエスに対する信仰によって、神の子どもです。(3:26)」私たちはキリストのうちにバプテスマされたのです。あなたはキリストをその身に着たのです(27)。これが、あなたとイエスとの関係がどれほど近しいかということです。

キリストにあって、人種、地位、性別の違いはありません。「ユダヤ人もギリシヤ人もなく、奴隷も自由人もなく、男子も女子もありません。なぜなら、あなたがたはみな、キリスト・イエスにあって、一つだからです(28)。」私たちは「皆、平等です。…皆が共通のイエス・キリストとの関係にあるのです。(28,MSG訳)」

差別、偏見、憎悪に弁解の余地はありません。パウロは違いが存在しないと言っているのではありません。むしろ、これらの違いは単純に問題ではないと言っているのです。

あなたはキリストに属し、神がアブラハムと結んだ全ての驚くべき約束の相続人なのです(29)。今、あなたは「全財産の持ち主(4:1)」なのです。

パウロはローマ法からの類似を用いています。古代ローマにおいて、14歳になるまでは、父親が指名した教師に遺産の管理は委ねられました。この歳になるまでは、子どもは奴隷と同じ扱いでした。通常14歳になると管理は代理人の手を離れました。神の民がモーセの律法のもとにあった間は、教師のもとにあるのと同じだとパウロは説明したのです。彼らは形式的には奴隷と同じだったのです。

しかし、今、イエス・キリストはあなたを自由にしました。「それゆえ、私たちは私たちの遺産の権利を経験するために自由にされたのです。今は、神ご自身の子どもとして完全に養子となったとあなたは確信をもって言うことができるのです。なぜなら、神は御子の霊を私たちの人生に送り、「パパ!おとうさん!」と叫ぶのです。神との親密な会話をする特権が明らかになることが、あなたが奴隷ではなく子どもであるということでなくて何でしょうか?そして、あなたが子どもであるなら、あなたはまた完全に遺産を受け継ぐ相続人でもあるのです。(5-7,MSG訳)」

神の子どもとしての完全な権利を持っているということは、そして、神がイエスの霊をあなたの中に住まわせるために贈られたということは、なんと驚くべきことでしょうか。その結果、あなたはイエスが神に呼びかけるのと同じような親密さをもって神に呼びかけることが出来るのです。

パウロは引き続き、ガラテヤの人々に、あたかも、自分たちがいまだに律法のもとにあるかのように、つまづいて引き下がってしまわないように警告します。以前、彼らは「神を知らなかった(8)」のですが、今、彼らは神を知っています。…むしろ、彼らは神に知られています(9)。神を知っているよりも、神に知られていることの方がもっと大切です。しかし、もちろん、神との関係に生きことは、どちらも真理であることを意味します。

パウロは律法主義のように戻ってしまわないように懇願しています(10-11)。偽教師たちは彼らを迷わせようとしていたのです。

パウロは彼らに懇願しています。パウロはガラテヤの人々に初めて福音を告げ知らせた時、彼らが彼を愛してくれたことを思い出させようとしました。彼らはまるでパウロがイエス・キリストそのお方のように歓迎しました(14)。パウロが彼らのところに来た時、パウロは病気でした。それは多分目の具合が悪かったのでしょう。なぜなら、パウロは「もしできれば自分の目をえぐり出して私に与えたいとさえ思ったではありませんか。(15)」と言っているからです。それは、ガラテヤの人々がどれほどパウロを愛していたかを物語っています。

今、偽教師たちはパウロからガラテヤの人々を疎遠にしようと企んでします(17)。しかし、パウロの彼らへの愛は変わらず覚えられています。「あなた方はまさに今、そしてあなたの命にキリストの命が目に見えるまで、私がどのように感じているかを知っていますか?子どもを産む痛みの中にある母親のようです。(19,MSG訳)」

あなたが神のあなたへの愛を知る時、(それは子どもへの親の愛のようです)そして、主の御霊があなたと一緒に住むようになる時、神はあなたに他者への愛をも与えてくださいます。それもまた、子どもへの親の愛のようです。パウロがガラテヤの人々に向けた愛もこのような種類の愛でした。

時々、あなたが得たいものを得ることが出来なかったことが最高の出来事となるということが起こり得ます。パウロは、自分が愛した人々と共に居ることが出来ず、顔と顔を合わせて話せないことにもどかしさを感じていました。パウロは「手紙を書く言葉遣いによって伝えたいことが鈍って減少してしまう(20,MSG訳)」ことを願いませんでした。もし、パウロが、好き勝手にしていたとすれば、ガラテヤ人への手紙は決して書かなかったことでしょう。でもそれがあるので、パウロは彼がしたく無かったことをせざるを得ませんでしたが、その結果、数えることのできないほどの大勢の人々の人生が変えられ、祝福されたのです。

祈り:主よ。聖霊によって私の心に私へのあなたの愛を注いでくださったことを感謝します。パウロのように、これと同じような方法で他者を愛することが出来ますように、熱心にお世話することができますように。たとえ、「彼らの内に気リスtの姿が形づくられるまで産みの苦しみ(19)」を味わってもです。


他のどんなものよりも価値がある

イザヤ43:1-44:23

私たちは皆、試み、試練、誘惑に遭うことでしょう。私たちは「炎」や「水の中」を通るでしょう。「あなたが岩と難しい場所の間に(43:2,MSG訳)」いる時があるのです。それは困難な時です。時々、あなたは投げ出してしまいたくなるかもしれません。あなたは何が起ころうとしているかを理解できないからです。

神は言います。「恐れてはならない。…あなたはわたしのもの。あなたが完全にお手上げになる時、わたしはあなたと共にいる。…それは袋小路なのではない。(1-2,MSG訳)」

神はあなたを形づくっておられます(44:21,MSG訳)。神はしばしば、困難や挑戦を、私たちの人生の紙やすりのようにして用いられます。それは私たちの角を取り、滑らかにするためです。神はそれを用いてあなたの人格を強くします。あなたを変え、あなたの人生に神の目的を進めるためです。

神はいつも愛の内に行動なさいます。「私は神、あなたを個々に扱う神である。…私はあなたのために大金を支払った。…それが、どれほどわたしがあなたを愛しているかと言うことだ!あなたを取り戻すためには全世界を売り払ってもいい。ただあなたのためにこの世界を取引してもいい。(43:3-4,MSG訳)」

神があなたを愛しているので、あなたは神の目に高価で尊いのです(4)。神にとってあなたはどれくらい価値があるのか実感していますか?あなたの価値は神にとって価値あるものであり、神はあなたのために莫大な代価を支払いました。イエスがあなたのために死なれたのです。

人生のすべての葛藤と困難の中で、神はあなたの将来に良い計画を持っておられます。神は言います。「私は何か目新しいことをする。…私は砂漠の中を通る道を設け、痩せた地に川を設ける(19,MSG訳)」もしあなたが、まさに今、「砂漠」や「痩せた地」に居るのなら、あなたの将来のために神が良い計画をお持ちであることを信頼しましょう。

神の愛と赦しは驚くべきものです。後の箇所で神は言います。「わたし、このわたしは、わたし自身のためにあなたのそむきの罪をぬぐい去り、もうあなたの罪を思い出さない。(25)」これがイエス・キリストを通して為され、あなたのために神が為してくださったことであると私たちは知ります。

イザヤは引き続き、偶像礼拝に耽ることを警告します(44:6-23参照)。私たちが自分たちを作ってくださった神よりも、他の者や人を礼拝する時、私たちは偽りの礼拝をしているのです。私たちは「造り主の代わりに造られた物(ローマ1:25)」を礼拝してしまっているのです。

主はイスラエル人にご自身のもとに立ち返るように勧めています。神は言います。「私はあなた方すべての間違った行いを水に流した。あなた方の罪は一切残っていない。わたしのもとへ帰れ。戻ってきなさい。私はあなたを贖った。(イザヤ44:22,MSG訳)」

祈り:主よ。私へのあなたの驚くべき愛を感謝します。あなたは私のために莫大な代価を支払ってくださいました。あなたの目に私が高価で尊いことを感謝します。すべての試練と困難の中で、あなたが私の人生に良い目的を持っておられることを信頼し続けることができますように。アーメン。

H.K

References

Adrian Plass, Clearing Away the Rubbish, (HarperCollins, 2000).