Tokyo Chapel

2019年6月11日

第162日

神はあなたの失敗さえも用いる

ハンドレー・ムールがダーラムの主教であった時、鉱山事故で亡くなった170人の鉱夫の遺族を見舞うことは彼の仕事でした。遺族に何といえば良いだろうかと考えていた時、彼は母からもらった小さなしおりを手に取りました。母の手織りのしおりを裏返すと糸が絡まった蜘蛛の巣のようになっています。そこには規則性もなく、理由もなく、パターンもありません。しかし、おもてには「神は愛です」と綴られているのです。

この世界はしばしばまるで絡まった蜘蛛の巣のように見えます。しばしば、私たちは続けていることが良い結果にならないことがあり、なぜか人生の中で苦難に遭うことがあります。しかし、イエスは、そしてみことばは、その背後にはいつも神の愛があると言うのです。物事が今理解することが私たちにとって非常に困難であるように思えることでさえ、神はこの世界にご自身の愛の目的をもって良い結果を成し遂げられるのです。

神は私たちの人生の糸から模様を織り成すことが出来るのです。その糸には苦難、心痛、そして失敗さえも含まれており、そこから美しい何かを創るのです。使徒パウロは「神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださる(ローマ8:28)」と私たちに告げます。あなたの状況が試練の最中にあったとしても、神はあなたの人生にご自身の目的を編んでおられるという事実が今日も反映されているのです。

ヨブは言いました。「あなたはいのちと恵みとを私に与え、(あなたの摂理の内に,NIV訳)私を顧みて私の霊を守られました。(ヨブ10:12)」この世界で起こるすべてのことは神の働きの圏内にあることです。「摂理」とは将来についての神の見通しを意味します。将来のために神が予期し準備しておられる成り行きです。「摂理」によって神は導き、人間の歴史の舵を取ってきました。神は今もこの世界に働きかけ、支え、統治しておられるのです。

それはまた、あなたを導き、あなたの個人的な生活をも舵取るものです。使徒パウロが「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださる」(ローマ8:28)と言った通りです。あなたの失敗さえ神は良いことのために用いることがお出来になります。あなたの人生のすべての環境において、あなたの周りに起こるすべてのことにおいて、あなたは神の摂理に信頼することができるのです。


摂理と祈り

詩篇72:1-20

あなたの祈りは変化をもたらします。あなた自身の生活にだけではなく、歴史の道のりに影響をもあたえるのです。

神の摂理と祈りが共に働くということは不思議なことです。尋常では考えらないような成り行きで、あなたの祈りが出来事が起こることに影響するのです。神は歴史を通して、全き主権を持ってこの地を統治するのですが、その過程に私たちも含まれているのです。

この詩篇はダビデが後継者ソロモンのためにうたったものです。それは神からの召命を強く覚えさせるものです。それは人間的に成し遂げることが出来るものを超えたものです。例えば「彼らが、日と月の続くかぎり、代々にわたって、あなたを恐れますように。(5)」「彼は海から海に至るまで、…統べ治めますように(8)」これは究極的には救い主、神の御子、イエス・キリストによってのみ成就されるものです。

この詩篇は王を祝福すると共に、それによって国民が繁栄すること(3)を願っています。良い指導者は悩む者、貧しい者に目を留めます。「どうか貧しい者のために立ち上がってください。貧困の中になる子供たちを助けてください。残虐な暴君を懲らしめてください。(4,MSG訳)」それはまた、「すべての国々が彼を通して祝福される(17,NIV訳)」という彼の外交政策における祈りでもあります。

ダビデは「彼のためにいつも彼らは祈り、一日中、彼をほめたたえますように。(15b)」と言いました。それは、神の指導者に与える祝福は、その民が指導者のために祈る時にもたらされるということを明らかにしています。どのようにそれが機能するのかは私たちにはわかりません。しかしながら、祈りは本当に変化をもたらすことを教えてくれます。神の摂理のうちに、神はあなたの祈りを聴き、用い、祝福してくださるのです。

祈り:主よ。祈りが変化をもたらすことを感謝します。私は、あなたが私たちの上に置かれたリーダーたちのために祈ります。彼らの上に恵みと知恵が与えられますように。彼らの生活を豊かなものとし彼らが力と洞察の源となり、あなたの誉れと栄光を表しますように。


摂理と預言

使徒7:20-43

この箇所で神がどれほど特別な方法でイエスをこの地に遣わし救いの備えを成させたのかを見ることができます。神はご自身の摂理の内に将来を予見し、不思議な方法でそれを予期し準備し導かれます。それゆえ、あなたは神の摂理をあなたの人生のあらゆる出来事や環境において信頼することができるのです。

ステパノの弁舌の中に神がイスラエルの歴史を導き、見守っておられたこと、そしてキリストの到来を準備しておられたことを悟ることができます。このくだりで、彼は特にモーセに焦点を当てます。

神はモーセに似た預言者を起こすであろうとモーセは語られていました(申命記18:15)。ペテロはすでにそれをイエスに当てはめていました(使徒3:22-23)。今、ステパノも同様に「このモーセが、イスラエルの人々に、『神はあなたがたのために、私のようなひとりの預言者を、あなたがたの兄弟たちの中からお立てになる』と言ったのです。(7:37)」と言いました。

モーセはキリストの「型」です。彼は予型であり、道を備えたのです。少なくともモーセとイエスには15の類似点があります。

  1. イエスのように、モーセは「普通の子どもではありません(20,NIV訳)」でした。モーセもイエスも通常では考えられないような周囲の環境の中で生まれました
  2. イエスのように(マタイ2:16-17)、モーセは王の手で多くの乳児が殺されるという状況で生まれました。(使徒7:19-21)
  3. イエスのように(ルカ2:40)、モーセは知恵に満ちていました。(使徒7:22)
  4. イエスのように(ヨハネ7:46)、モーセはことばとわざに力があった。(使徒7:22)
  5. イエスのように、モーセも準備の時が必要でした。私たちはどちらも30歳になるまでの生い立ちはあまり情報を持っていません。その時期は彼らの務めのための訓練の期間に費やされたのです。(22-23)
  6. イエスのように(ヨハネ2:16)、モーセは罪に対して義なる憤りを見せました(使徒7:24)。しかし、イエスと違って、モーセは犯罪を犯しました。しかし、神は摂理の内に、この失敗をも用いられるのです。
  7. イエスのように(ヨハネ1:11)、モーセは民の救いのために神に遣わされました。しかし、その時点では周りはそうとは知りませんでした。「彼は、自分の手によって神が兄弟たちに救いを与えようとしておられることを、みなが理解してくれるものと思っていましたが、彼らは理解しませんでした。(使徒7:25)」
  8. イエスのように(2コリ5:19)、モーセは和解を目的としました。彼は「和解させようとして…(使徒7:26)」
  9. イエスのように(ヨハネ5:22)、モーセは支配と裁きを司る者として描かれています。モーセは「だれがあなたを、私たちの支配者や裁判官にしたのか。(使徒7:27)」と言われました。
  10. イエスのように(ルカ3:22)、モーセは主の声を聞きました。(使徒7:31)
  11. イエスのように(ヨハネ1:14,2:21)、モーセは聖なる場所とは特別な宗教的な場所ではなく、神が臨在するところであると認識しました。モーセにとって、これは燃える柴の中で、神が「あなたの足のくつを脱ぎなさい。あなたの立っている所は聖なる地である。(使徒7:33)」と語られたときでした。
  12. イエスのように(ヨハネ8:36)、モーセは民を圧政から解放しました(使徒7:34)
  13. イエスのように(4:11)、モーセは誤解され自分の民に拒絶されました。「人々が拒んだこのモーセを、…、かえって彼を退け(7:35,39)」
  14. イエスのように(2コリ1:10)、モーセは民を解放することに成功しました。「この人が、彼らを導き出し…(使徒7:36)」
  15. イエスのように(2:36)、モーセを拒絶した民に神の裁きがありましたが、最終的には勝利が導かれました。(7:42)使徒ペテロが、ペンテコステの日に「神が、今や主ともキリストともされたこのイエスを、あなたがたは十字架につけたのです。(2:36)」と言った通りです。

祈り:主よ。モーセのようなあなたの預言者を通して、ご自身の目的を歴史に働かせた驚くべき方法のゆえに感謝します。今日、私は自分の人生いにおこるすべての出来事や環境にあなたの摂理があることを信頼します。


摂理と守り

2サムエル16:15-18:18

あなたは、あなたの将来、あなたの家族、あなたの教会、あなたの国について神に信頼することが出来ます。全宇宙は主の御手の内にあり、主はご自身の目的を成し遂げられるのです。

神はここに記されているように、人の営みにご自身の業をなされます。

アヒトフェルは素晴らしい軍師でした。「当時、アヒトフェルの進言する助言は、人が神のことばを伺って得ることばのようであった。(16:23)」と記されています。もし、私達が何かをアドバイスするような時、私たちは主に伺う者であらねばなりません。さらに言えば、神が為そうとしておられることが神の御心であるということです。

もし、アブシャロムがアヒトフェルの進言に従ったなら、ダビデにとっては大打撃であったことでしょう。しかし、アブシャロムはアヒトフェルの賢い進言を退けフシャイの言葉を選びました。

私たちは神がいかに摂理を持ってダビデを守られたかを見るのです。「これは主がアブシャロムにわざわいをもたらそうとして、主がアヒトフェルのすぐれたはかりごとを打ちこわそうと決めておられたからであった。(17:14)」それがダビデの祈りの答えでした。

ここで、私たちは、神は見えざる手を持って時の支配者の上にご自身の御旨をなすお方であることを見ます。ダビデとすべての民は壮大な力と自由を得させるドラマに組み入れられているのです。しかし、もし神がそこにおられなければ、彼らは決して自由を得ることはできなかったでしょう。

祈り:主よ。人間の歴史をつかさどっておられるお方であることを感謝します。あなたは全宇宙を統治し支配しておられます。私たちの失敗を含む、すべてのことに、あなたは、あなたを愛し、あなたの目的に従って召し出された者に良いことを取り計らってくださることを感謝します。アーメン。

H.K

References

Ravi Zacharias story: http://www.rzim.org/a-slice-of-infinity/from-disparate-threads/