Tokyo Chapel

2019年9月16日

第259日

神は不完全な民を愛する

私は完全には程遠い者です。私は時々、神が本当に私を愛していると信じることが難しくなることがあります。特に失敗したり、しくじったり、間違った決断を下した時はそうです。

実際、イエス以外に、だれも完全な人はいません。しかし、神は実にそのひとり子であるイエスを私たちのために死に渡すほどに世を愛してくださったのです(ヨハネ3:16)。それゆえ、神は不完全な人々を愛さなければなりません。実際「私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださった(ローマ5:8)」のです。

神は完全な人がいないことを知っておられます。私たちは皆、堕落しました。あなたへの神の愛はあなたの失敗よりも大きいのです。神は不完全な民を愛するのです。

すべての人は結婚相手が完全ではないことを知っています。自分の子どもたちも完全ではなく、自分の親たちも完全ではありません。そして自分の友人たちも完全ではないのです。しかし、私たちは不完全な人々を愛します。もし、私たちが不完全な人々を愛するのなら、多分、神が不完全な人々をもっと愛しておられることは当然なのです。


あなたのための神の愛がどれほど偉大であるかを心に潜める

詩篇107:33-43

神が彼らの為に為されたすべての大いなることを予行演習して、詩篇の作者は結論付けます。「主の大いなる愛を悟れ。(43,NIV訳)」「もし、あなたが本当に賢かったら、あなたはこれをよく考えるだろう。― 今こそあなたが神の深い愛に感謝する時だ。(43,MSG訳)」神は何度もご自身の民を救い出されました。神は彼らの祈りに答えてくださったのです。

神の民は完全には程遠いものでした。神は訓練を伴って、民の失敗に応えました。しかしそこにも、神が彼らをご自身のもとに引き寄せようとする訓練をなさる時、神の愛が目を引きます。彼らが立ち返る時、困難は祝福に変えられます。「川(33)」が戻り始めるのです。「主は荒野を水のある沢に、砂漠の地を水のわき上がる所に変え、…主が祝福されると、彼らは大いにふえ、主はその家畜を減らされない。(35,38)」

イエスはあなたの内におられる聖霊が「生ける水の川(ヨハネ7:38)」のようになると言われました。オズワルド・チャンバースはこう記しています。「神の霊の川はすべての障害物に打ち勝ちます。あなたの目を障害物や困難に向けないようにしなさい。もし、あなたが単純にその川の源に焦点を当てて留まることを覚えるなら、その障害は、あなたを通して常にあふれ流れる川にとって何の問題にもなりません。」

祈り:主よ。私へのあなたの大いなる愛を想います。あなたの聖霊によってあなたが私の生活にあるどんな荒野も渇きも「水をたたえたプール」そして「あふれ流れる泉」に変えてくださるように祈ります(詩篇107:35)。


あなたへの神の愛がどれほどあなた自身に向けられたものかを理解する

ガラテヤ2:11-3:9

使徒パウロは完全には程遠い者でした。事実、パウロは自分自身を「罪びとのかしら(1テモテ1:15)」と描写しています。しかし、彼はこう書くことが出来ました。「私はキリストとともに十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。いま私が肉にあって生きているのは、私を愛し私のためにご自身をお捨てになった神の御子を信じる信仰によっているのです。(2:20)」

これは、神の愛の偉大さの及ぶ範囲です。神の御子はご自身を私のために、…そして、あなたのために、与えてくださいました。それは単に神が全世界を愛しているというのとは違います。御子は「あなた」を愛しているのです。御子はあなたと私のために十字架にご自身を渡されました。御子はあなたのために死なれたのです。もし、この世界にあなた一人しかいなかったとしても、イエスはあなたのために死なれました。それほど、愛はあなた自身に向けられたものなのです。

あなたへの神の愛は無条件であり、心を尽くし、絶え間ないものです。あなたが何かすることによって、神のあなたへの愛を増し加えることもあなたには出来ませんし、神のあなたへの愛を減らすこともあなたには出来ません。

パウロがこれを最終的に理解した時、彼の人生は過激なほどに変化しました。彼の古い人生は終わったのです。「私はキリストと共に十字架につけられました。私の自我はもはや中心にはありません。…あなたが私の生活にみる命は「私」のものではないのです。(20,MSG訳)」新しい命が始まりました。「キリストが私のうちに生きている(20)」のです。キリストの霊は彼の内に生きるようになりました。この新しい命は「神の御子を信じる信仰(20)」の命です。

この節で、パウロは福音のメッセージをまとめ上げています。それはとても驚くべきものですが、とてもシンプルです。もし何かを付け加えるなら、ただ損なうだけのことになります。

この福音を守ることについてパウロが声高に叫んだのはそれが理由です。それがパウロがペテロに「顔と顔を合わせて対立した(11,MSG訳)」理由です。ペテロ自信はこのメッセージの真理を知っていました。しかし、ペテロは「割礼派の人々を恐れて、だんだんと異邦人から身を引き、離れて行った(12)」のです。そして彼は古いユダヤの律法や習慣に再び従い、助長し始めたのです(12-13)。

この行動によって、ペテロはクリスチャンであるには今のままでは十分ではないという印象を与え、彼はユダヤの習慣に従わなければならないと人々に言ってるのも同然だったのです(14)。

しかし、イエス・キリストにある信仰だけで十分なのです。「私たちはとてもよく知っています。それは私たちは規則を守ることで神との正しい関係を得ることは出来ないこと、そして、ただイエス・キリストにある個人的な信仰を通してのみそれを得ることが出来ることを。(16,MSG訳)」

神は、ご自身の大いなる愛のうちに、キリストにある信仰をもつものを皆、分け隔てなく受け入れてくださいます。あなたは信仰によって義と認められたのです。これがあなたの人生を完全に変えるのです。キリストはあなたの内に来られ、生きるのです。あなたはもはや古い命に生きるのではなく、神の御子を信じる信仰によって新しい命を生きるのです。

あなたは主の御霊を受けました(3:2)。信仰と、聖霊を受けることはクリスチャン生活を始める方法だけでなく、クリスチャン生活を続ける方法です(3)。

「あなたがたが御霊を受けたのは、律法を行ったからですか。それとも信仰をもって聞いたからですか。(2)」とパウロが指摘できたように、ガラテヤの人々は明らかに聖霊の体験を持っていました。あなたがキリストにある信仰を持つときに、あなたは聖霊を受けたのです。「とすれば、あなたがたに御霊を与え、あなたがたの間で奇蹟を行われた方は、あなたがたが律法を行ったから、そうなさったのですか。それともあなたがたが信仰をもって聞いたからですか。(5)」

アルファで、私はたびたびこう尋ねられます。「イエスよりも先に生きていた人々はどうなんですか?彼らはどうなってしまうのですか?」この箇所はその答えを指し示しています。

イエスの十字架は時を超えて作用します。のちの時代に作用するのと同様に前の時代にもです。それはアブラハムにも有効です。「アブラハムは神を信じ、それが彼の義とみなされました。それと同じことです。(6)」「聖書は、神が異邦人をその信仰によって義と認めてくださることを、前から知っていたので、アブラハムに対し、…前もって福音を告げたのです。(8)」十字架は世界の歴史の中に律法といけにえの儀式に対する再定義をしたのです。

祈り:主イエスよ。あなたが私を愛し、ご自身を与えてくださったことを感謝します。今日、私が直面するすべてのチャレンジにあなたの大いなる愛を信頼することが出来るように助けてください。


あなたへの神の愛がどれほど永続するかを知る

イザヤ38:1-40:31

あなたへの神の愛は永遠に長らえます。「あなたは、(あなたの愛の内に,NIV訳)滅びの穴から、私のたましいを引き戻されました。(38:17)」とヒゼキヤが記したように、神の愛あなたを去らせようとはしません。神はヒゼキヤの祈りを聴き、殻の涙を見ました。神はヒゼキヤの人生に15年を増し加えられました。そしてアッシリアの王の手から彼を解放したのです(5-6)。

イザヤ書の二番目の部分はヨハネのバプテスマによって引用された言葉で始まっています。イザヤ書40~55章はのメッセージはこれです。「捕囚は間もなく終わる。」イエスが来られた時、イエスはまさに囚われの期間は終わったと告げ知らせたのです。これらの章を、私たちはイザヤが、BC6世紀にイスラエルが経験することになった、物理的な、イスラエルの捕囚の終焉を予見して宣言したと理解することが出来ます。

イザヤは神の臨在の新しい感覚を予見していました(40:3-5)。神の言葉における新しい確信(6-8)と神の新しい幻(9節以降)です。

イザヤは神の大いなる愛を見ていました。そしてイザヤは「 主は羊飼いのように、その群れを飼い、御腕に子羊を引き寄せ、ふところに抱き、乳を飲ませる羊を優しく導く。(11,ヨハネ10章参照)」と書きました。

神の偉大さに比べ得るものはありません。神は宇宙の創造者です(イザヤ40:12-14)。神に比べれば「国々は、手おけの一しずく(15)」にしかすぎません。職人の手によって作られた偶像と神を比べることなど、冒涜以外の何ものでもありません(18-20)。

神に比べて、この世界の民は、どんな偉大な指導者でさえ「いなご(22)」のようです。神は、何十億のさらに何十億倍もの星々を持つ全宇宙の創造者です(26)。これがあなたを個人的に愛してくださり、ご自身のみもとに引き寄せてくださる神です。神は行ってしまったり、また来たりせず、いつも変わらずあなたと共におられるお方です。

神はまた、力を与えてくださる神です。神は「疲れ切った人にエネルギーを与え…神を待ち望む者たちに、神は新鮮な力を得させる(29-31,MSG訳)。」静かに神を待ちましょう。神の言葉を学びましょう。祈りましょう。礼拝しあなたへの神の愛を想いましょう。神はあなたを立て直されます。あなたに再びエネルギーを与え、あなたが直面するすべての事柄に力を与えてくださいます。

祈り:主よ。あなたの愛の偉大さのゆえに感謝します。あなたこそ、この大いなる宇宙の創造者です。あなたこそ力に満ちたお方。それでも私を愛してくださり、ご自身の御腕に私たちを抱き、あなたの心へと引き寄せてくださいます。あなたを待ち望みます。どうぞ、私の力を新しくしてください。

References

Ben Cantelon, ‘Love Came Down’, Everything in Colour, (Kingsway Music, 2012).

Oswald Chambers, My Utmost for His Highest, ‘March 19’, (Discovery Books, 1992)

H.K