Tokyo Chapel

2019年3月29日

第88日

知恵深くなる方法

オプラ・ウィンフリーは言いました。「あなたの本能に従いなさい。本当の知恵はそれそのものに顕れがあるのです。」言い換えれば、知恵はあなたの中から出てくるもので、直観のようなものだと言っているのです。あなたは神の似姿に創造されたのですから、これは本当のことでしょう。しかしながら、今日の箇所を見ると、本当の知恵は神から来るのであって、あなたと神との関係を通して、この上なく獲得されるのです。知識は水平です。しかし、知恵は垂直です。つまり知恵は上から下ってくるということです。あなたは神との関係において学び、反映し、生きるときに知恵において成長するでしょう。

私たちは皆、知恵を是非とも必要としています。旧約聖書のいくつかは「知恵」と呼ばれています。それは箴言、ヨブ記、伝道者の書、雅歌です。付け加えて、聖書のあらゆる箇所に大まかに「知恵文学」と称される様々な文章があり、言葉の力、忠実さの祝福、姦淫の危険性、強い飲酒の有害性、生活の不平等、義の患難、リーダーシップの熟達、子育ての方法など、多岐にわたる領域を取り扱っています。

この知恵は聖別された常識ののようなものです。それは大いなる自己理解へと導きます。それは人生に対処したり、舵をとり、試練を克服する能力をあなたに与えます。それは良い親が子どもたちに譲り渡したいと願う遺産のようなものです。究極的には、知恵はイエス・キリストに見出されます。彼こそ「神の知恵(1コリント1:24)」なのです。


神からの知恵を探求する

箴言8:12-21

知恵は非常に価値あるものです。「私の恵みはどんな給料よりも価値あるものです。どんな大きな給料よりもです。想像し得るどんなボーナスをも凌ぐ見返りがあります(18-19)。」この知恵はこの世界のすべての物質的な富よりも価値があります。何はともあれ、物質的豊かさとは違い、それは永遠に続くのです(18)。

この箇所に、なぜ知恵がそれほど価値があり、私たちがどのようにそのような知恵を神に求めるべきなのかを見るのです。

  1. 知恵は神から来る
    知恵は神との関係から始まります。それは「主を恐れること(13)」によって始まります。「恐れる」の意味は「尊敬する」ことを意味し、そして神の深い気づきこそがすべての知恵の土台です。
  2. 知恵は純粋で美しい
    箴言の作者は「主を恐れることは悪を憎むことである。わたしは高ぶりと、おごりと、悪の道と、ねじれたことばを憎む。…わたしは正義の道、公正の通り道の真ん中を歩み(13,20)」と言います。これは神からの本当の知恵であるかどうかのテストです。使徒ヤコブは記しています。「しかし、上からの知恵は、第一に純真であり、次に平和、寛容、温順であり、また、あわれみと良い実とに満ち、えこひいきがなく、見せかけのないものです。(ヤコブ3:17)」
  3. 知恵はあなたを正しく導く助け
    知恵はリーダーにとって特に大事なものです。もしあなたが良いリーダーになりたいなら、あなたには知恵と常識が必要です。「わたしによって、王たちは治め、君主たちは正義を制定する。わたしによって、支配者たちは支配する。(箴言8:15-16)」
  4. 知恵はあなたにも使える
    神は知恵を求める者に与えられることを約束しています。「わたしを愛する者を、わたしは愛する。わたしを熱心に捜す者は、わたしを見つける。(17)」使徒ヤコブも「あなたがたの中に知恵の欠けた人がいるなら、その人は、だれにでも惜しげなく、とがめることなくお与えになる神に願いなさい。そうすればきっと与えられます。(ヤコブ1:5)」と言っています。これは、あなたが必ずかなえられる祈りです。

祈り:主よ。私にとってあなたの知恵は今日是が非でも必要です。純粋で、平和を愛する、思慮深い、従順な、あわれみに満ちた、そして良い実を結ぶ、公明正大でうそ偽りのない知恵を私に与えてください。


知恵ある目で民を見る

ルカ7:36-50

あなたは人を外見で判断して、間違って評価したという経験がありますか?

今日の箇所で、私たちは、かつて街中で娼婦として愛を売っていた女が、イエスの足を涙で拭い、口づけし、香油を注ぐのを見ます。彼女に対するパリサイ人の視線は、当たり前だったでしょう。「この方がもし預言者なら、自分にさわっている女がだれで、どんな女であるか知っておられるはずだ。この女は罪深い者なのだから(7:39)」

しかし、イエスは若かりし頃から「知恵に満ちて(2:40)」おられ、うわべよりも深く見ることがお出来になりました。イエスは、その女が自分がどれほど赦されたかを知っていたので、それゆえイエスへの莫大な愛を表現したという事実を見ていたのです。あなたは否定的な過去を持っているかもしれませんが、あなたは積極的な祝福された将来を得ることが出来るのです。

私たちは、人々に向けられたイエスの洞察と教えることを選ばれた方法の両方に示されたイエスの知恵を見ます。イエスは銀行の風変りな支店長についてのたとえ話を語ります。彼には二人の顧客があり、一人は70万円、もう一人は700万円借りていました。彼は二人とも借金を帳消しにしました。通常の支店長はこんなことはできません。しかし、確かにイエスの愛はこのようです。あなたのすべての罪は拭い去られました。あなたは全き赦しを受けたのです。借金が大きければ大きいほど感謝は大きく、イエスへの愛も大きいのです。

このたとえ話はパリサイ人シモンにも当てはまります。彼は知らず知らずのうちに、彼自身にかかわる答えをしています(7:43)。イエスは知恵深く紳士的に、シモンがイエスをあまり歓待しなかったこと、あまり愛を示さなかったことを指摘しています。シモンの問題は、どれほど自分が赦される必要があるのかということを彼が認識していなかったことです。

一方で、この女はイエスをたくさん愛しました。なぜなら、彼女は多く赦されなければならないことを知っていたからです(47)。彼女は自分が拒絶されるかもしれない危険をおかしてまで、実践的に、情緒的に、経済的に自分自身を差し出したのです。

彼女はどれほど泣いたことでしょうか。「涙で御足をぬらした(38)」程でした。イエスの足をぬぐうために、彼女は公衆の面前で髪を地につけました(それは恥ずかしいことです。)。彼女は感情をぐっと握って、他人がどう思うか気づかないほど集中していました。彼女はうやうやしくイエスの足に口づけすることをやめなかったのです。

そして、彼女は珍しい高価な香油をイエスの足に注ぎました。(通常は頭に注ぐものです。)彼女はイエスを全身全霊で愛したのです。イエスはあなたの過去よりもあなたの心をご覧になります。イエスは彼女に言いました。「あなたの信仰が、あなたを救ったのです。安心して行きなさい。(50)」あなたの愛はあなたの信仰の結果です。使徒パウロが次のように書いたとおりです。「キリスト・イエスにあっては、割礼を受ける受けないは大事なことではなく、愛によって働く信仰だけが大事なのです。(ガラテヤ5:6)」

あなたの人生はあまりよくスタートできなかったかもしれません。しかし、それはあなたが偉大なゴールを遂げることができないということを意味しません。あなたの過去の生活がどのようなものであったとしても、イエスと共に、あなたは完全に新しいスタートを切ることができ、偉大な将来を持つことができるのです。あなたは、あなたの過去の関係や出来事から、罪責感を持ち続ける必要はありません。あなたが悔い改めた瞬間、そしてあなたがイエスに信仰を置いた瞬間から、あなたのすべての罪は拭い去られたのです。あなたが頭で知っていることをあなたの心に下ろすことが大切なのです。

イエスはあなたが罪人であることを知って欲しいと願っています。あなたは自分の負債を償うことができません。しかし、イエスはあなたを赦します。あなたは罪責感を担い続ける必要はありません。聖霊に願って、今日、神への愛と他者への愛が溢れるように満たしていただきましょう。

祈り:主よ。私にイエスのように、外見で人を判断することがなく心を見ることができる知恵をお与えください。今日、聖霊で満たしてください。あなたへの愛と他者への愛が溢れ出ますように。


実際的な決断に知恵を示す

民数記26:12-27-11

モーセはとても実際的な知恵を見せています。大きい部族には多くの相続地を、小さい部族には小さい相続地を割り当てました(26:54)。

悲しいことに、皆がモーセのような知恵がありません。彼らが荒野にいた時、彼らは神に反逆し不平をつぶやきました。その結果、神は彼らは約束の地には入れなと言いました。これは正確に起こりました。シナイの荒野で数えられた者は「ひとりもいなかった。
それは主がかつて彼らについて、『彼らは必ず荒野で死ぬ』と言われていたからである。彼らのうち、ただエフネの子カレブとヌンの子ヨシュアのほかには、だれも残っていなかった。(64-65)」

歌に謡われているように

ヌンの子、ヨシュア
そしてエフネの子、カレブ
たった二人
荒野を通って
乳と蜜の流れる地へと

ツェロフハデの娘たちの勇気ある発言をもって大きな知恵を示しました。彼女たちは女性の権利を主張しました(27:1-11)。これらの女性たちがそうしなかったなら、結果はかなり違ったものになっていたでしょう。彼女たちはそのように勇気を持つ権利がありました。

このような状況を取り扱うモーセの判断も知恵に満ちていました。モーセは簡単に当時の慣習に従うことをしませんでした。モーセはとてもオープンな心を持っていたのです。彼は自分の力で、また古代の習慣と神の意志を同一視するという性急な判断をしない知恵を持っていました。
しかし、モーセの知恵の中心は、神から知恵はやって来るという彼の認識にあります。何度も何度も、モーセは問題が起こるたびにまた、神への人々の挑戦があるたびに、モーセは神に尋ね求めました。知恵ある判断は神から来ます。

祈り:主よ。日々私が判断しなければならないすべての決断にあなたの知恵が必要です。どうか自分の洞察だけに頼ることから守り、上から来るあなたの知恵を探し求めることができますように。イエスの知恵に学び、従うことができますように。聖霊によって導かれますように。私の心に知恵を与えてくださる方よ。アーメン。

H.K