Tokyo Chapel

2019年11月24日

第328日

あなたの手本

教皇フランシスは、ある一般聴衆のための祈りの時にしばし、間を置きました。 ひどく外観を損なう病気である、神経線維腫症の男性を抱き寄せ、手を置きました。その男性の顔は腫瘍で覆われていましたサンピエトロ広場での教皇の抱擁の写真はソーシャルメディアを通じて瞬く間に世界中に配信されました。彼の胸を打つキリストの愛の手本は、世界中の何百万もの人々に強い印象を与えたのです。

Image #: 25270966 epa03937958 Pope Francis (R) hugs a sick person in Saint Peter’s Square at the end of his General Audience in Vatican City, 06 November 2013. EPA/CLAUDIO PERI /LANDOV

手本には大きな力があります。もし私たちが自分以外に従うべきモデルを持たないなら、私たちが向上することは難しいでしょう。良い手本はただインスピレーションを与えるだけではなく、私たちが同じようにしようとし、そこから学ぶことができます。

他者からの手本に倣うことから大きな恩恵にあずかるだけではなく、もしあなたが他者にいくらかの影響をもたらすなら、あなたが手本になることは人を生かすことになります。フランス人の神学者、哲学者、そして医師であるアルバート・シュバイツァーは言いました。「人を動かすには模範を示すことが大切だ。というより、それしかない。」多くの人々はあなたが話す(talk)ことより、あなたの歩み(walk)に、あなたが説教するものより、あなたが実践していること、あなたが言うことより、あなたがすること影響を受けます。

人は、自分たちが聞くことよりはるかに優って見ることが重要なのです。人は自分が見ることをするのです。ジョン・マックスウェルは次のように記しています。「人が学ぶことの89パーセントは視覚的な刺激によってもたらされます。10パーセントは聴覚的な刺激です。残り1パーセントが他の感覚からです…彼らは聞いて理解し、見て信じるのです!

私たちが昨日読んだように、あなたは自分の人生においてイエスの手本に従うように召されています(1ペテロ2:21)。今日、私たちはこのことと密接にかかわる幾つかの例を見ます。


知恵に歩む

箴言28:18-28

知識は水平的で、知恵は垂直的です。知恵は上から下って来るのです。イエスの手本に従うことは知恵に歩むことを意味します。イエスは最初の日から知恵に歩みました。「幼子は…知恵に満ちていった。(ルカ2:40)」「この人に与えられた知恵…は、いったい何でしょう。(マルコ6:2)」

知恵に歩むとは何を意味するのでしょうか?箴言の作者は言います。「真っすぐ歩みなさい。 ― 良く生き、救われなさい。よこしまな人生は絶望的な人生だ(箴言28:18,MSG訳)」彼は続けて言います。「もしあなたが何でも知っていると思うなら、はっきりあなたは愚か者だといえる。本当に生き抜く者は人の知恵から学ぶ者だ。(26,MSG訳)」

「むなしいものを追い求める(19)」ことより勤勉に働くことが知恵あることです。「あなたの畑で働きなさい。あなたは豊富な食べ物に飽き足りるでしょう。遊んでパーティーに明け暮れるなら、あなたの行きつくところは空っぽのお皿です。(19,MSG訳)」

誠実さは「富を得ようとあせる(20)」態度よりも良いものです。気前よくあることは知恵あることです。「貪欲な人は財産を得ようとあせり、欠乏が自分に来るのを知らない。…貧しい者に施す者は不足することがない。しかし目をそむける者は多くののろいを受ける。(22,27)」

時々、人と直面することが必要です。「人を責める者は、へつらいを言う者より後に、恵みを得る。(23)」イエスは直面することを恐れませんでした。「最後には、美辞麗句にまみれたお世辞より、厳しい譴責がはるかに感謝される。(23,MSG訳)」

主に信頼し続けなさい。主に拠り頼む人は豊かになります(25)。知恵をもって歩む者は安全を保ちます(26b)。

祈り:主よ。知恵の内に私が歩むことができますように。あなたを信頼することができますように。


無言であっても、言葉があっても、納得を与える

1ペテロ3:1-22

クリスチャン生活を生き抜くことは、あなたの真そばに生きている人々に良き知らせを手渡す最も適切な方法です。これはあなたの家族、同僚など、一緒に暮らしている人々にぴったり当てはまります。あなたの唇でするより、あなたの生活が語る説教がより良いものになることがしばしばあります。

もし、あなたの夫や妻がクリスチャンでない場合、これはとても大切です。ペテロはクリスチャンの妻を励ましています。もし、みことばを信じない夫もっているなら、彼らが自分の妻の純粋さや敬意を見る時に、言葉によってではなく夫に納得を与えることができるでしょう(2)。

彼らは神についての言葉に対しては何も意に介さないかもしれませんが、彼らは「きよく美しいあなたの生活に見惚れるでしょう。あなたの外見が問題ではありません…大切なのは、あなたの内側から醸し出されるものです。(3-4,MSG訳)」外見の美貌よりも偉大な美しさがあるのです。「むしろ、柔和で穏やかな霊という朽ちることのないものを持つ、心の中の隠れた人がらを飾りにしなさい。これこそ、神の御前に価値あるものです。(4)」

夫に対する振る舞いに関するイエスの教えと弟子たちの教えは革新的です。ただ妻には義務が課せられ夫には権利があるような社会において、ペテロはここで、どちらも互いに義務を負うと言っているのです。

ペテロはただ妻たちにだけ「良い妻たち(1,MSG訳)」であるように言っているようですが、彼は夫にも「良い夫たち(6,MSG訳)」であるように告げています。「妻たちを尊重し、喜びをもって…あなたがたの妻を扱いなさい。そうすれば、あなたの祈りが頓挫することはありません(7,MSG訳)」ペテロは夫たちは思慮深く、尊敬を表すべきだと言っているのです。この関係を得るまではあなたの祈りは効果を持たないのです(7)。

言葉によらず人々に納得を与えることが出来るライフスタイルとは何でしょうか?その一つは、愛を共感し、あわれみと謙遜をもってお互いに調和をもって生活することです。悪に対して悪で報いず、報復を仕返しせず、かえって祝福することです(8-9)。「仕返ししてはいけません。鋭い毒舌で皮肉ってはいけません。それに代えて祝福しなさい。祝福すること、それがあなたの仕事です。あなたが祝福するならば、あなたも祝福を受けます。(9,MSG訳)」

これはあなたの舌を制することを含みます。「悪いことばや傷つけることばを言ってはなりません。(10,MSG訳)」いつも積極的に真実を語るように努めなさい。あなたは「悪を鼻であしらい、善を耕しなさい。ただあなたが価値ある者となるために平和を追い求めなさい。(11,MSG訳)」これは恐れのない生活へと導きます(14)。そこにはイエスが主としてあなたの心に際立つのです(15)。

「無言」はあなたに極近しい人々に納得を与えるには最善の最初の方法でしょう。しかしながら、言葉もまた重要です。語ることを恥じてはなりません。「ただし、優しく慎み恐れて、また、正しい良心をもって弁明しなさい。そうすれば、キリストにあるあなたがたの正しい生き方をののしる人たちが、あなたがたをそしったことで恥じ入るでしょう。(15)」

傲慢と無作法は人々に納得を与えることあり得ません。言葉の弁明と同様に、道徳的な弁明、つまり良心が澄んでいることも必要です。そうであれば、人々はあなたについて好き勝手なことを言ったとしても、神は真実を知っておられるので、問題とはなりません。「人々があなたに泥を投げつける時、泥が身に付かないように、神の前に良心をきれいに保ちなさい。(16,MSG訳)」

リック・ウォレンは「あなたは人があなたについて嘘をつくことを制御することは出来ませんが、あなたは事実を制御することは可能です。…人があなたを攻撃するためにはでっち上げしなければならないように生きなさい。」良心をきれいにすることができるのは十字架と復活です。イエスは、あなたを神のもとへ取り運ぶために罪のためにただ一度死なれました(18)。

これがバプテスマが象徴することです。「バプテスマは肉体の汚れを取り除くものではなく、正しい良心の神への誓いであり、イエス・キリストの復活によるものです。(21)」

祈り:主よ。きれいな良心をもって生きることが出来るように助けてください。


主への道において礼拝する

エゼキエル45:1-46:24

エゼキエルは幻の中で、「神のための聖別された空間(45:1,MSG訳)」を見ました。その地域全体がきよいのです(1)。そして、主の前に仕える祭司の聖なる場所(2-4)そしてレビ人、君主、すべての民の地所を含んでいます。それは民が互いに平和である幻です。そこでは社会の異なる部署、レベルのすべてが調和をもって、互いに平等に暮らしているのです。

しかし、民がうまく暮らしているだけではありません。その場所は「主の前に礼拝をしなければならない。(46:3)」人々のためのものです。神から発している民とすべてのものの中心にあるものとの間にある調和は礼拝です。

主の道の中での礼拝には2つのことがあります。第一は悔い改めです。指導者たち(「イエスラエルの君主」)への神のメッセージは「弱いものいじめを止め、わたしの民を生かしなさい。公正と正義を行い物事を変えなさい。重さや長さを計るとき不正のない測りを用いなさい。(45:9-10,MSG訳)」

第二は贖いです(15,17)。「過越し」が象徴していることは、神があなたの罪を過ぎ越されたということです。なぜなら、イエスがいけにえとなってくださったからです。宮の戸口の柱に塗らなければならなかった血はキリストの血を型として表しています。

数字の七は完全数です。「その月の七日にも…その祭りの七日間…彼は全焼のいけにえとして傷のない七頭の雄牛と七頭の雄羊を、…第七の月七日間、これと同じようにささげなければならない。(20,21,23,25)」

それは完全で有効な一つのいけにえ、そしてあなたのためにイエスが成し遂げられた贖いを指し示しています。それがあればこそ、あなたは、主の臨在の中に入ることが出来、礼拝の生活を生きることが出来るのです。

イエスの十字架と復活の道を歩みましょう。人々に納得を与えることができる人生を生きましょう。良心をきよめ、恐れのない生き方をしましょう。イエスの完全な手本に従いましょう。そして、あなたの人生が他の人々の手本となるようにしましょう。

祈り:主よ。あなたが不義なる者のために義なるお方が死んでくださり、私を神のもとに取り運んでくださったことを感謝します。礼拝の生活を生きることができますように。あなたの完全な手本に倣うことが出来ますように。アーメン。

H.K

References

John C Maxwell, Developing the Leader Within You, (Thomas Nelson Publishing, 2012) p.38.

Pope Francis photo licensed by and © 1985 – 2015 epa european pressphoto agency b.v.